2014年11月03日

一里山支部26年度活動報告

一里山26年度の活動

草薙神社龍勢保存会
草薙一里山支部

 一里山支部の平成26年度龍勢製作活動を、まとめましたので見て下さい。支部会員16名でのスタートでしたが、活動前に1名が都合でと辞退し、更に家庭の事情でと1名が退会して14名での製作活動となりました。
 昨年のスポンサー様2社共今年も続けてやって下さるとのことで、今年も昼夜1本づつの2本の献発となりました。変化は昨年並みを基本として製作する、支部長の作成する日程表で集まれる人数によって作業内容を考えていくという事で皆了解しました。
 保存会の活動として、総会・技術検討会・安全講習会・製造責任者会議それに協賛金集めの活動や、小学生木遣り指導・落下傘造り指導・櫓周囲設備作業などの準備をこなしながら、8月初めよりいよいよ龍勢製作の活動に入りました。

iti_2014_01.jpg
1、竹取り作業   8月17日に行いました。尾竹2本・予備1本・変化筒用・ヒゴ用・旗竿用4本、
            それに例年通り若宮八幡宮祭用竿2本を切り出した。

iti_2014_02.jpg
2、竹削り作業   打ち上げまで1カ月以上の間があるので粗削りにする

iti_2014_03.jpg
3、落下傘造り   尾吊り1枚、変化吊り4枚、小吊り3枚

iti_2014_04.jpg
4、落下傘の補強   1小5年1組の大吊りより開始、テープ貼り・貼糸結び

iti_2014_05.jpg
5、落下傘の仕上げ   色付け・揉み込み・たたみながらの糸合わせ

iti_2014_06.jpg
6、頭造り   底板・穴あけ・側の厚紙貼・ヒゴ付け・内側貼

iti_2014_07.jpg
7、変化仕込み   花火工場での作業開始9月7日だった

iti_2014_08.jpg
8、変化筒合わせ   両出変化の三段を結び、2ケづつ4ケ作成する

iti_2014_09.jpg
9、頭の仕込み   花笠の本数・ハケ紙付け・糸ほぐし・吊りロープ付け
            入れ物の最終チェックである

iti_2014_10.jpg
10、頭詰め   変化と吊りの仕切りはしっかりとていねいにやること。
           サオの位置に注意して重さのバランスを考えること

iti_2014_11.jpg
11、火薬詰め   9月20日、手伝いを含めて14名が順番に突いた。
            まず150g20分・2回目から100g10分で3kg

iti_2014_12.jpg
12、キリ揉み   1本づつ真っ直ぐにゆっくり入れること、垂直見る人・回す人・テコの人・
           押えの人・キリ拭きの人それぞれ大事な役目です、息を合わせてやりましょう

iti_2014_13.jpg
13、いよいよ祭り当日になりました。尾竹2本を神社へ!

iti_2014_14.jpg
14、花火屋が持ってきてくれる、頭待ちのひと時です

iti_2014_15.jpg
15、組み合せ作業   頭と尾のバランスをとって、さあ合体させるぞ!

iti_2014_16.jpg
16、龍勢の控室   組合せの完了した龍勢が集まってきています

iti_2014_17.jpg
17、ヤグラへ!   いよいよ打上げヤグラへ向かって山に入ります


こうして製作した龍勢が、ヤグラにセットされてから、点火して上昇して吐き出して展開して、
尾が落下して変化が落下するまでおよそ1分、その時間を楽しみにして40日間を作業して
きたのでした。
また来年もやるの?再来年も? いや、ずっとやるでしょう!!

以上


平成26年11月


posted by 保存会HPスタッフ at 16:44| 草薙一里山支部・一雲流

2011年04月01日

草薙一里山支部・一雲流


PRコメント

私達、草薙一里山支部の紹介をします。
保存会が発足する以前より龍勢祭りに関わって来ており、
龍勢に対する思いは昔から大きくもっている支部です。
会員の母体は元々の一里山自治会でしたが、一里山が三自治会に
分割されてからも草薙神社の氏子自治会を抜けることになっても、
龍勢が好きな者が自治会としての会でなく”龍勢好きもん”達としての、
友好会として一里山支部を続けて今迄やってきています。
21年度の会員は、12名ですが、1名退会の意思表示がありますが
長年の会員で功労者なので、現在慰留説得中です。

昭和58年に草薙神社龍勢保存会が発足する段階で、各支部の
流派名をつけることになったときには直ぐに、”一雲流”の名が
決まりました。一里山の一と龍勢が雲となり空に流れる様子を
名にしました。以来、一里山は真っすぐに天高く上げることを
もっとうにして製作していきます。
得意技は、吊りの縁周りに咲かせる花笠があります。
近年は、会員の年齢が大きくなってきていますが、長年師匠として
会を引っ張ってきてくれていた長老が相次いで会を離れてしまい、
一雲流としての技が危うくなってきています。反対に新人も入って
きてくれていますので、平均年齢は少し若くなったかもしれません。
今の一里山支部は新しい一雲流の発展期として打上げの成功に
向けて、会員一同で取り組み今年の龍勢作りに、邁進していきます。

以上


21年度会員12名
  最年長   77歳
  最年少   33歳
  平均年齢  55歳


itiri_11.jpg
支部の模型龍勢


itiri_21.jpg
支部の昇龍法被

---------------------------------------------------

2011年 夜の7番


2011年 昼の13番


2010年 夜の3番


2010年 昼の10番


2009年 夜の3番


2009年 昼の13番


2008年 昼の6番
posted by 保存会HPスタッフ at 12:34| 草薙一里山支部・一雲流

一雲流の平成21年活動記録

itiri_31.jpg
落下傘作り  尾吊り 二段   変化吊り 四段


itiri_41.jpg
花笠の取付  導火、ランス、降雪、ハケ紙


itiri_51.jpg
昼、夜、1本づつ    両変化三段仕込 2本ずつ


itiri_61.jpg
頭(ガワ)詰め完成  ヒゴ止めを…


itiri_71.jpg
火薬詰め作業  2人1組で5組 100gを10分突き、27回+1回


itiri_81.jpg
錐揉み作業 夜8時になってしまい、照明を借用しての続行


itiri_91.jpg
頭 ・ 吹 ・ 尾の合体   ほぼ完成か…


itiri_101.jpg
一里山の四天王   いざ!! 出陣!!


itiri_11a1.jpg
”大成功”   スポンサーと共に祝いの踊り!!


itiri_121.jpg
矢殻の回収    近くで良かった
posted by 保存会HPスタッフ at 12:34| 草薙一里山支部・一雲流